こんにちは。しおりです。

タイトルの通り、3月末で会社を辞めて1週間が経ちました。

実際は、今月は有給消化なのでまだ退職はしていないのですが。(勤務時間の関係で今月1日だけ出勤日があります)

そして、今の気分を一言で言うと、「幸せ」。

正直、これに尽きます。今の生活リズムや肉体的、精神的な状態が本当に幸せな状態なんです。

 

規則的な生活が送れる

まずは、生活リズム。

働いていた頃はシフト制だったので、起きる時間も寝る時間もバラバラでした。

頑張れば起きる時間は毎日一緒にできたのかもしれないけど、そんなことする余裕も無いくらい精神的にも肉体的にも疲れていました。

慢性的な疲労。「ずっと寝ていたい…。」と常に思っていたくらい。

身体を動かす仕事でしたので、夜番の時はアドレナリンが出たままなのか、0時の帰宅でも2時とか3時くらいまで寝れないこともありました。

1番早い出勤時間は7時だったので5時起きとかもあったし。完全に生活リズムが崩れていましたね。

 

でも、この1週間で起きる時間がほぼ固定できてます。朝7時。気分がいいです。

 

3月31日、一旦最後の勤務が終わり、糸がほどけたのか、力が抜けて夜10時頃には既に眠くなっていました。

この時私は、「自分の身体のサインに正直になろう」と決めていたので、0時過ぎにしか眠れなかった私には早い時間帯だったけど、眠気に限界が来て寝ました。

こんなに早く寝たもんだから朝4時くらいに目が覚めたんですよね。でも、目覚ましをかけずして早朝に目が覚めるっていうのは、とても気分が良かったんです。

そのあと結局8時から10時くらいまで二度寝したんですけど、私は味をしめてしまったようで。「規則正しい生活をしよう!」と心に決めました。

どうやって?

まずは、目覚ましを7時にかけることをしました。携帯ではなくて、目覚まし時計で。

なぜかというと、電子音で目が覚めるよりも、アナログな音で目が覚めた方が頭が痛くないんです。

個人的にですが。目覚めが格段に良い。

でもこれも普通のことなのに、働いていた頃には出来なかったことなんです。

 

スマホのスヌーズ機能って本当に本当に便利で、皆さん結構な確率で5分とか10分置きに目覚まし設定してると思うんですよ。

遅刻なんて絶対したくないから、こうやって機械に任せて朝起こしてもらうんですけど。

目覚まし時計1個だけに頼るなんて怖くて出来なかったんですよね。

 

でも、会社に行かなくなった今はこうして目覚まし時計で起きることができるんです。

いや、これってすごく普通なことだけど、今の時代これしてる人どれくらいいるんでしょうか?

目覚まし時計で起きれるってこんなに頭痛くないんだ」って本当にびっくりしたんです。

皆さん是非やってみてください。

 

始めは時間がかかるけど、大丈夫!

最初から7時にちゃんと起きれるかってそんなことは無いんです。

最初の3日間は、7時の目覚ましで1回起きるけど、2度寝しちゃうんです。9時くらいに目が覚めて、「あー2度寝しちゃった」って少し後悔するんですけど、でもまずは7時に1回目が覚めたことを褒める。

「今までの習慣がすぐに直るわけ無いよねー。大丈夫!」って自己肯定!「だって眠かったんだもん」って感じで。

それがだんだんと起きれるようになってくるんです。

 

4日目くらいから、7時の目覚ましで起きても2度寝しなくなります。

その代わりベッドでゴロゴロ。至福のひと時。携帯いじったり、動画見たりして頭を起こします。

ベッドの中にいるからまた寝そうになるんですけど、眠くなってきたら思い切ってベッドから出て顔を洗いに行く。そうしたらもう完全に目が覚めます。起きれます。そして自分を褒めます。

やったー!2度寝しなかった!」って。朝に目が覚めるって本当に気持ち良い。

 

6日目7日目くらいにはペースを掴めてきます。

夜1時くらいに寝ることがあっても7時に起きれるようになりました。

眠いけど、自分の中で「この流れを無駄にしたくない」っていうプライド的な(笑)朝起きて、瞑想とかヨガとかも出来ちゃうくらいの余裕が出てくる。

こんな生活って理想だな〜」って自分の理想も分かってきたり、徐々に自分を取り戻してくるのがとても嬉しい感覚でした。

 

精神的に安定してくる

規則正しい生活って難しいんです。特にシフト制の生活を送っている人にとっては。

仕事で使う体力を考えたら、ギリギリまで寝てようかなってなると思います。

だから起きても身体や心までだるかったりとかするんですよね。

 

そうすると精神的にもやられることが多くなるんです。

 

私は生活リズムがバラバラすぎて、最後の方はホルモンバランスがかなり乱れていました。

先ほども書いたんですが、身体を動かす仕事で、遅番で23時上がりだと0時頃に帰宅していました。

つい1時間前までテキパキと身体も頭も使っていたのに、家に着いたところで完全にはお休みモードに入らないんです。

目はバチッと覚めてるし、頭はまだ回転してるし、寝たくても寝れないというストレス。夜食を食べてしまうこともあってさらに自己嫌悪でストレス溜まる。

仕事中にもなぜかイライラすることが多くなって、自律神経も一緒に乱れていたと思います。

本当に辛かった…。こんな感じだったから、「せめて起きる時間だけでも一緒にしよう」なんてことをする気力も無かったんです。

「環境のせいにしちゃダメだよね。でも出来ないよ…。」って自分を責めたりとかして、すごく不安定な状態でした。

でも同時に環境が発揮する力も知っていたので、仕事を辞めた後に期待をしていたことも事実です。これについてはまた違う記事で。

 

生活リズムが整ってくると、体内時計も通常に戻ってくるので、変な時間にご飯を食べることも無くなってくるし、夜は22時頃になると自然と眠くなってきます。

この人間の自然な流れがどれだけ幸せを感じさせてくれるか。本当に満たされる気分です。

仕事を辞めたことも大きな要因ですが、規則正しい生活をしていることも1つの要素として、精神的に安定してきます。

 

肉体的な疲れが取れてくる

毎日身体を大きく動かすし、普通の環境では無いところに身を置くので身体はずーっと疲れていたんです。

休むことがほぼなくて。休みの日もジムに行っちゃたりとか、何かに取り憑かれていたんでしょうか(笑)

身体を動かすことは特別好きなわけじゃないのに、ずーっと動かしていたんですよね。

運動のしすぎなのか、それでまた色々なバランスを崩していましたね。今は週2くらいの頻度でジムに行っていて、これくらいがちょうど良いと感じます。

 

お風呂につかることも少なかったですが、時間にゆとりができた今はゆっくりとお風呂に浸かって、寝る前には足のマッサージをしています。

自分のことをケアすることも以前はしたくてもできないというか、それよりもグダグダしてたいみたいな感じ。時間的な余裕って本当に大事ですね。

 

仕事を辞めて1週間でここまで精神状態が良くなったことは、本当に幸せなことです。

生活習慣が身体とココロに与える影響って大きいなって実感しています。

これからも生活の質、自分の濃度を高めていくために、自分がしたいことをどんどん取り入れていきます。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です