みなさんこんにちは!しおり(@saltandsong)です。

みなさんは「生きづらいな」と感じた事はありますか?

どんな事でもネガティブに考えてしまったり、自信が無かったり、人の言う事を気にしてしまったり。

わたしも2〜3年くらい前まではこういった気持ちを抱えていて、その度にいろんな本を読んだり、信頼できる人に相談したりしてきました。

今は昔に比べて、とーっても生きやすくて、毎日楽しいです。前よりもポジティブになっているのを本当に感じられます。

そこで今日は、いつもわたしが頭に入れている3つの事をシェアしたいと思います。

生きづらいと感じるあなたに、役に立ちますように。

 

そのままでいていい

あなたは自分で自分のことをどのような性格だと思っていますか?

いつも明るい、落ち着いている、静か、元気、落ち着きがない、家事が好き…などなど。

なにかコンプレックスを持っていて、嫌いな部分もあるかもしれません。

他人にいつも同じことで注意をされて嫌な気分になることもあるかもしれません。

それでもいいんです。

まずやるべきことは、「そのままのあなたを受け入れること」。

自分の嫌だと思うところも受け入れる。

「だって、それが私だから」「出来ないことがある部分も含めて私」という気持ちで、まずは自分丸ごと受け入れます。

他人に合わせて変えようとしないで、そのままの自分でいてください。

 

他人はあなたが思っているほど、あなたのことを気にしていない

あなたは何かを決断しなくてはいけない時、誰かの意見を聞きますか?

なにかミスをした時に、人の顔色を伺いますか?

もしそうだとしたら、他人の声、顔色気にしなくていいです。

と、言われても気にしてしまいますよね。

そんな時には反対の立場で考えてみてください。

誰かがあなたに相談をしてきた時、その相談してきた人の意見を否定するとします。

その時に、「この人、変な人だな」と思いますか?

誰かがミスをした時に、そのミス1つだけで、その人のことを嫌いになりますか?

1時間後にはもう忘れていたりしていませんか?

そう、結局自分だって他人のことをそれほど気にかけていないのです。

 

自分の感情を最優先に

日々過ごしていると、本当たくさんのことがありますよね。

いい気分の時もあれば、モヤモヤする気分の時時もある。

どの感情も正解です。

そこを無理に抑えようとしないでください。

誰かになにかをやられて良い気分になれば、それでよし。

誰かになにかをやられて嫌な気分になれば、それはあなたが嫌だと思うことを1つ知ることができた証拠。

そうして、自分を確立していきます。

得意なことや好きなことがあれば「それは好きです」と声を出して伝えます。

苦手なことがあれば、「それは苦手です」と声を出して伝えます。

もう、誰かの期待に応えなくていいです。

自分の期待に自分が応えます。

 

関連記事

自分の好きなことだけをしよう

嫌な気分になった時は本当の自分が分かる大チャンス!

日常に疲れたあなたへ。心に効く、ヨガの3つのメリット

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です