カナダ旅行には「電子渡航認証eTA」の申請が必須!!

みなさんこんにちは!しおり(@saltandsong)です。

先ほど、いつも見ているブログを読み漁っていたところ、リンクを辿って行ったら違う方のブログに辿り着きました。

そのブログに書いてあった記事タイトルを見て驚愕。どうやらカナダ旅行には「電子渡航認証eTA」が必要らしいとのこと。

「昔は必要なかったのに!」と、このことを全く知らなかったわたしは、先ほど急いで申請をしました!

すぐに無事承認されてホッとしていますが、これからカナダ旅行に行く方は知っていた方がいい情報だなぁと思ったのでシェアします!

「電子渡航認証eTA」とは?

アメリカに旅行したことがある方は知っている人もいるかと思いますが、「ESTA」がありますよね。

そのカナダ版のようなもの。ビザ免除の代わりに、この「eTA」を申請する必要があります。

日本はビザが免除されているため、この「eTA」を取得することが必須になります。

カナダ旅行や、カナダで乗り継ぎをする方も「eTA」が必要とのことです。

承認されるとその情報が自動的に自分のパスポートとリンクされるようです。

有効期限は5年間。パスポート自体の有効期限が5年以下であれば、パスポートの有効期限が優先されます。

 

どんな人が申請が必要?

基本的には日本国籍のパスポートを持っていて、カナダに旅行をする人、カナダで乗り換えをする人は必須です。

カナダに旅行に行くんだ〜!」と言っている人はだいたいeTAの申請が必要と思ってもらっていいと思います。

 

ただ、以下の方は要確認なので当てはまるかどうかチェックしてみてください。

 

・カナダ国籍保持者、カナダ永住権保持者

要するに「カナダ人は申請する必要はないですよ〜!」ということですね。

また、永住権を持っている方はPRカード(カナダ永住者カード)を携帯している必要があるそうです。

 

・アメリカ国籍保持者、アメリカ永住権保持者

「アメリカ人は必ず申請してね〜!」と言っております。

日本の方でアメリカ国籍の方と結婚をされて、なおかつグリーンカード(アメリカ永住権カード)をお持ちの方がいれば、その方もeTAを申請する必要があるようです。

また入国の際にはグリーンカードも携帯している必要があります。

ちなみに、陸路や海路だとeTAは必要無いみたいです。

 

・カナダの就労ビザ、就学ビザ保持者

就労ビザ、就学ビザを取得していても、カナダを一度出て、飛行機で再入国することを予定している場合は、eTAが必要だそうです。

これがわたしにとってトリッキーだったんです。

「2015年8月1日以前に取得した人はeTAが必須です」と公式サイトにも書いているのですが、わたし5年ほど前にカナダに留学をしていて、就学ビザを取得しているんです。

もちろんビザ自体の期限はすでに切れているのですが、「前にビザ取ったことあるけど、何か支障あるのかな?でもわたしカナダで何も変なことして無いし…」なんて不安になりました(笑)

もう4年ほどカナダには行っていないので最近のビザ事情は分からないのですが、調べてみると2015年8月1日以降に何らかのビザを発行した方は自動的にeTAもくっついているみたいです。

 

eTA申請方法

eTAの公式サイトからの申請をオススメします。

金額は7ドルなのでESTAよりも安いです。

 

ちなみに、ESTA同様、代行サイトで申請をすると高額になります。

以前ESTAを申請したら、申請したサイトが代行サイトで余計に代行費が引き落とされたことがあったので、この件に関しては慎重になっています(笑)

参考記事:ESTA申請代行サイトに注意!余分に料金を取れらない為にできること

 

公式サイトでの申請は英語になりますが、いろいろ検索をしてみると参考になるサイトがありますし、公式サイトでもPDFで日本語での説明があります。

入力はESTAよりは時間がかかり、10分ほどかかったような記憶ですが、承認はすぐにおりて、3分後くらいに承認メールが届きました!

 

必要なものは、

・パスポート

・メールアドレス

・クレジットカードまたはデビットカード

ぜひ、手元に持ちながら申請してみてください。

 

参考にしたサイト

 【日本語でやさしく解説】カナダ渡航前のeTA(電子渡航認証)申請のしかた

 電子渡航認証 (eTA) を申請する

 

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です