こんにちは!しおりです。

最近、実写版映画「美女と野獣」を見に行きました。
実は、初めて「美女と野獣」を見ました。アニメ版も見たことが無かったんです。

そんな私が、実写版を見終わった後に思った事。

もう一度見たい!

びっくりしたんです。美女と野獣ってこんなに泣ける映画なの?って。

そんな、絶大な支持を得ているアニメ版も見たことが無かった私が、実写版を見てもう1度見たいと思ったその感想をシェアします!

少しネタバレも含んでいますので、まだ映画を見ていない方は、「戻る」ボタン押してください

 

あらすじ

ひとりの美しい王子が、呪いによって醜い野獣の姿に変えられてしまう。魔女が残した一輪のバラの花びらがすべて散る前に、誰かを心から愛し、愛されることができなければ、永遠に人間には戻れない。呪われた城の中で、希望を失いかけていた野獣と城の住人たちの孤独な日々に変化をもたらしたのは、美しい村の娘ベル。聡明で進歩的な考えを持つ彼女は、閉鎖的な村人たちになじめず、傷つくこともあった。それでも、“人と違う”ことを受け入れ、かけがえのない自分を信じるベルと、“人と違う”外見に縛られ、本当の自分の価値を見出せずにいる野獣──その出会いは、はたして奇跡を生むのだろうか…?

引用:Disney.jp 「美女と野獣」

 

キャスト

 

ベル:エマ・ワトソン

野獣:ダン・スティーヴンス

モーリス:ケヴィン・クライン

ガストン:ルーク・エヴァンス

ル・フウ:ジョシュ・ギャッド

ルミエール:ユアン・マクレガー

コグスワース:イアン・マッケラン

マダム・ド・ガルドローブ:オードラ・マクドナルド

プリュメット:ググ・バサ=ロー

カデンツァ:スタンリー・トゥッチ

ポット夫人:エマ・トンプソン

 

感想

では、私が実写版「美女と野獣」を見た感想をシェアします!

オープニングのファンタジー感にワクワク!

まず、私はディズニー映画のオープニング映像が好きなんですよね。

「星に願いを」をBGMにお城が映るやつ。

あれが美女と野獣のお城になっていたりとか、ちょっと不気味なテイストになっていたり、おとぎ話特有のハラハラ感も出ていて、オープニングの段階から「間違いない」と確信しました。

お城が遠くに見えてバラが前に見えているあの構図。そしてナレーションも雰囲気抜群で最高です。

 

名曲揃いのミュージカル映画

この映画はミュージカル映画なので、劇中に歌がたくさん出て来ます。

誰もが1度は聞いたことがある曲だったりするので、やっぱりさすがディズニーですよね。

1番ビックリしたのは主演のエマ・ワトソンの歌唱力

やっぱりハリーポッターシリーズのハーマイオニーのイメージがあるので、歌は一度も聞いたことなかったです。皆さんもそうですよね?

 

でも、劇中の歌を聞いて本当に驚きました。

こんなに上手だなんて!!!!伸びやかな声と透明感が美しくて、曲が流れるたびに感動して、そして一緒に踊りたくなる!(笑)

何よりエマが本当に美人で、何度も見惚れちゃいました。

 

映画用に新曲を3つ制作したそうです。そのうちの1つ「ひそかな夢」は野獣がベラを思って歌うんです。

絶妙な感じで感情を入れ込んで歌うんですよ!

歌で泣けて、歌で踊れて、歌でハッピーになれる映画です。

 

ここ数日はずーっと、サントラをBGMに生活しています。

 

野獣の迫力

最初の方の野獣のビジュアルはアニメ版の愛らしさや優しさは全くなくて、ほぼモンスター野獣状態でホラー映画かと思うくらいの迫力でした(笑)今の技術って本当にすごい。

IMAXで見たから余計に臨場感と迫力が増していて。

ガオーっていう唸り声だってリアルでこれまたモンスター(笑)

でも、だんだんと愛情を感じて、愛情を知って、愛情を与えるようになり始めると、顔つきも違って見えるんですよね。

素敵!!!!!(語彙力)

 

こんなに泣くとは思わなかった

物語の中盤くらいで、ベラが野獣とパリに行くのですが、そこの回想シーンで涙が止まらない。

野獣もたくさん本を読んでいるし、高等教育を受けたと言っていたので、知識は豊富なんですよね。

それ故に、ベラのお母さんが使っていたベッドに防護マスクが置いてあるのを見た野獣は「疫病だ」とお母さんの死因をベラに伝えるのです。

ここのシーン、「すごく深いなぁ」って思ったんです。

私は、知識は財産だと思っているけど、知りすぎる事で苦しくなる事もある、とも思っているんです。

それにベラはお母さんの事をあまり知らなくて、小さい頃に居たパリの事もあまり知らなくて、だから「知りたい!」という純粋な欲、気持ちで野獣とパリに行ったのに、自分が想像していたようなパリでは無かった。

ベラの心情を思ったら、切なすぎました。野獣も辛かっただろうに。

(ちなみに、ここの部分はアニメ版には無いようです)

 

ベラが1度、村に帰る時も野獣は心情を歌にして、あんなに傲慢だった態度が純粋に1人の女性を思って歌ってるんですよ!!純愛素敵!ってここでも涙が出る。

愛ってどんな心も溶かしてくれる。ディズニー映画の大好きなところ!!

 

最後、野獣が死んじゃってベラが泣きついている所も泣けた。単純に感情移入。

もう気分はベラでした(笑)

 

いつも勇敢なプリンセス

ディズニーだから絶対最後はハッピーエンドでしょ!って分かってるのにハラハラする。

野獣がガストンと戦うシーンなんて、男らしい強さと優しさが同時にあって、「あー恋愛したい」って思いました(笑)

 

ベラも野獣に「出てけ!」って言われてあんなに薄暗くて怖い森の中を駆け抜けて。

それだけで私だったらすごく怖いし、それにまず、野獣を見た瞬間も怖いし、自分自身を人質にすることも出来ないのに。

でもベラはすごくたくましくて、それに素直で。野獣に「ディナーに来い!」って言われて「ヤダ!」なんて(笑)

 

ディズニープリンセスっていつも勇敢なんですよね。

好奇心も旺盛で、強さがあって羨ましい。

プリンセス映画を見る度に、素直で勇敢な女の子っていいなぁって思います。

 

最後に

ディズニー映画ってやっぱり子供メインかなって変な先入観があったりするけど、私は大人こそディズニー映画を見た方が良いって思います。

それにこの「美女と野獣」は大人や、大人のカップルほど行って欲しい!

純愛とか勇敢さとか、感動とか、大人が忘れやすいもの程、ディズニー映画には詰まっています。

おすすめは、字幕版でIMAXです!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です